学術論文に強い翻訳会社

世の中に翻訳会社は多くあれど、「学術的な文章」を「論文投稿に耐えられるレベル」の精度で翻訳してくれる会社はそう多くはありません。

英文誌に論文を投稿する際には、翻訳会社を利用する場合は、学術論文に強い会社を選ぶことが非常に重要となります。論文の内容や妥当性もさることながら、洗練された英語を使用することも論文の採択に当たっては欠かせない要素となるからです。通常の業者選択の際に注意する諸点に加え、学術論文の翻訳会社を選ぶ際に特に重視したいポイントは次の2点です。

まず、高度な専門知識を有した博士学位取得者が翻訳者として揃えられているかどうかです。例えば、生命科学分野の研究者が専門雑誌に投稿するケースにおいては、ネイティブの中でも生命科学分野の博士学位取得者が担当するのが最適です。学術論文に特化した翻訳会社であれば、各分野の博士学位取得者を選択できることを売りにしているケースが多いので、サイト等で確認しておくことが必要です。次のポイントはオプションの存在です。

翻訳にはたいていの場合、グレードがあり、どの程度の品質を依頼するか選択できますが、学術論文の場合は「学術出版レベル」「プレミアム学術翻訳」など、専門分野の翻訳に加え、論文の論理性を英語面からチェックしてくれるサポートや投稿誌向けのフォーマット調整、投稿の際のカバーレター作成や査読コメント対策がオプションとして付いてくるグレードが設定されていることがあります。単なる英語翻訳にとどまらず、論文採択に向けた手厚いサポートをしてもらえるかも業者選択においては重要と言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *