翻訳会社の仕事内容とは

翻訳会社の仕事は、単語や文章を他の言語に変換・翻訳する事です。

翻訳というと映画島悪翻訳や小説翻訳などが連想されますが、翻訳が必要とされるのはそれらだけではありません。経済がグローバル化した今では、ビジネス用の文書の翻訳のニーズが高まっているのです。ビジネスに必要となる文書・契約書や学術書・マニュアルなどの翻訳は、実務翻訳と呼ばれ、翻訳会社の仕事の中心となっています。翻訳会社に仕事を依頼する場合、必要となるのは元となる原稿と参考資料、そして表記の統一ガイドの一式です。

基本的に翻訳の値段は1文字あたりいくらという単位で決定します。翻訳する文章の内容が専門的なものであればあるほど、値段が高くなるケースがほとんどです。文書の使用用途や原稿を読む対象者、文字数などからおおよその金額を算出し、見積もり金額として提示します。納品はデータファイルか原稿の送付という形で行われます。

料金は納品の出来を確認した上での後払いという形です。原稿を一度確認し、その後は修正依頼がクライアントからかかります。その指示を受けたあと更に修正を行い、最終納品となるというパターンがほとんどです。これらのプロセスはあくまで一例で、他にも翻訳以外の文章校正やリライト作業を実施している翻訳会社や、DTPについても対応している会社があります。納品後のサポート内容は、各社によって異なりますので事前に確認するべきです。高い品質の翻訳であれば、ミスが少なく最終的にコストが少なく済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *