確実に伝えたい事柄はプロの翻訳会社に依頼しよう

国際化が著しい近年では、ビジネスのシーンでも外国語を利用するシチュエーションが数多くあります。

国内のお店などで外国人のお客さんに対して接客をしたり、案内版やメニュー、注意事項などを複数の言語で記載することも多くありますが、その際に重要なのは確実に相手に伝わるかという点です。予算の都合などで翻訳会社を利用できず、ある程度知識のあるスタッフが作成したり、辞書やインターネットの翻訳サービスなどを利用しながら作成した文章の場合、肝心な部分がその言語を母語にする人に伝わりづらかったり、命令を下すようなニュアンスになってしまうことも往々にしてあるため、思わぬトラブルの種になることもあります。

簡単な案内やメニュー、注意書きなどはそこまで大きな問題になることも少ないですが、料金システムや禁止事項などに関してはしっかりと相手に伝わる文章で書くことが必要になってきます。また、今では大手企業意外でも海外の会社と契約したり、取引を行うのが当たり前の時代となっていますが、契約に関する事項は確実に相手に伝わらないと後々大きな問題の火種になってしまうこともあります。

そのような時には翻訳会社に依頼して、しっかりと相手の提示する条件を理解し、こちらの意思を伝えることが必要になってきます。翻訳と一言で言ってもその品質にはピンからキリまであり、ある程度ニュアンスが伝わればいいという場面もありますが、確実に伝えたい事柄がある場合や重要な局面では翻訳会社を利用して齟齬のないように努めることが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *