翻訳会社か個人かの問題

翻訳を依頼するときに、ふたつの選択肢があることを知っておきましょう。

ひとつは翻訳会社になり、いままで長く使われていたサービスになります。もうひとつは個人に依頼することであり、最近はクラウドソーシングで個人事業主に依頼することができるようになりました。ネットにおける翻訳サービスもひとつの手段になるでしょうが、高品質というと問題が残りますのでこちらは排除しておきましょう。ビジネスに活用するのであれば、高品質な翻訳こそがそのチャンスをものにします。ここで翻訳会社と個人の問題が発生しますが、求めるものが高品質は翻訳であれば前者のほうが良いでしょう。

納品までの過程がしっかりしていますし、何よりも2重チェックをしていることも多く、単純なミスを防ぐことができます。またローカライズにそった翻訳をすることができますので、その国の知識がなければできないことです。このような環境が整っていますので迷っているのであれば翻訳会社が良いでしょう。だからといって個人が悪いわけではありません。

その国の知識を豊富に持っているのであれば、依頼する価値は十分にあるでしょう。あくまでも過程で人の数に劣っていることからチェック体制に脆弱性があることを認識しておかなければいけません。翻訳会社と個人の違いにおいて大きな差になりますので、ここはしっかりと理解してから依頼することをおすすめします。高品質こそが納得できる翻訳となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *