翻訳会社のトライアルについて

翻訳会社を利用する時に心配になるのが、「品質の良い訳文を納品してもらえるかどうか」ということです。

重要なビジネスで使用する書類の翻訳にミスがあってはいけません。依頼する時にはできるだけ優秀な翻訳者に翻訳してもらいたいと思うのが普通です。翻訳者は世の中にたくさんいますが、ある程度の語学力があれば誰でもできるという職業ではありません。プロとして翻訳会社に所属するには、とても難しいトライアルという試験を突破する必要があります。しかも、ほとんどの翻訳会社では、トライアルへの挑戦は一度きりとなっています。部分的に間違えて訳したり、スペルミスなどの初歩的なミスがあった場合、再度提出したりやり直すことは不可能です。

1年後や2年後に再度挑戦することはできますが、同じ翻訳をするわけではありませんので、前回のトライアル問題は何の参考にもなりません。そして、トライアル問題は高い翻訳技術を駆使しなければクリアできないようなクセのある問題になっています。間違えてしまうようなひっかけ問題などがたくさん用意されているのです。何度も挑戦して、途中で挫折する人が多いのもこのような背景があるためです。例えトライアルに合格できたとしても、すぐに大きな仕事は任せてもらえません。

最初は短い案件を担当させられることが多いです。経験を重ねていくうちに実力が認められ、クライアントから比較的大きなプロジェクトの依頼があった時に、コーディネーターから声がかかるようになってきます。要するに、翻訳会社に在籍するには並大抵の努力ではできないため、標準的な翻訳会社であれば問題なく品質の高い翻訳が上がってくるということです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *