翻訳会社のトライアルに必要なものとは

現在、翻訳の仕事はほとんどがフリーランスの翻訳者に委託して行われています。

翻訳者は翻訳会社のトライアルに挑戦し、合格すれば仕事がもらえる仕組みになっています。トライアルに合格したからといってすぐに大きな仕事が来るわけではありません。これまで依頼した実績が無い人に対しては翻訳会社も慎重になります。まずは小さい仕事を問題なくきっちりとこなすことが大切です。会社から信頼を得れば次第に大きな仕事も任せてもらえるようになります。トライアルに必要なのは英語力です。当たり前の話ですがトライアルの中には高い英語力がないと間違えてしまう文章も混ざっています。

ひっかけ問題のようなものですが、これに上手く対応できるかが鍵です。それと同じく日本語の能力の高さも求められます。訳した文章が相手に伝わりやすい日本語で表現されいるか、文章に違和感はないかという基本的な部分を重視します。翻訳会社が取り扱う仕事はメーカーの取扱説明書や契約書、映画の字幕や小説の翻訳など多岐にわたります。翻訳がそれぞれのコンテンツに適した言葉で翻訳されているかも重要なポイントです。これも当たり前ですが、誤字脱字などのミスが無いように注意しましょう。この他にも実務経験の有無や内容、翻訳業界に携わったことがあるかどうか、語学の学習をしているかなど細かい点も評価のポイントになってきます。

実務経験がある人はどのような仕事をどのくらいやっているのかより詳しく説明することで会社側の採用率も変わってきます。経験がある人はアピールしておきましょう。フリーランスで活躍する翻訳者はとても多いです。自分の実績を上手く伝えることができればかなり有利になるでしょう。初挑戦の人もトライアルを何回か経験するうちにいろいろ分かってくると思います。与えられた仕事に情熱をもって丁寧にこなせば大丈夫だと思います。諦めずに頑張っていきましょう!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *