翻訳会社を選ぶ時の基準は?

翻訳会社は、文章や音声の翻訳を行うのが業務です。

ただ、翻訳会社にもいろんなところがあって、強みがそれぞれ異なるため、依頼内容に応じてベストな翻訳会社を選ぶのが得策です。格安でやっているところもネットで調べると多く出てきますが、あまり安いところは納品された翻訳文の仕上がりは良くありません。その理由は、コストをかけていないからこそ安いわけですが、翻訳の手間と質は比例します。何度もチェックしながら練り直せば時間はかかりますが、それだけ品質が上がるはずです。

安いところは担当者の能力も低いですが、チェックの手間を省いていることも少なくありません。その結果、納品される文章の品質が下がってしまいます。ただし、これはデメリットでもありますが、場合によってはこれでも問題なく、むしろコストを抑えて発注できるという利点を活かせる場合もあります。例えば、ざっくりと文章の中身を知るだけで良い場合や、たたき台として使うため、正確な翻訳である必要がないといった需要があります。

そんな時には、高いお金を賭けたくはありませんし、むしろ不正確でも短時間でやってもらえた方が助かることになるでしょう。つまり、翻訳会社選びでは、決して高品質な翻訳をしてくれるところを選ぶだけが正しいわけではありません。重要なのは、目的に合わせてやってもらえる所となります。柔軟にどのような依頼にも対応している会社もありますので、比較して検討してみると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *