翻訳会社を活用して質の高い資料を作成する

海外に事業を展開しようと考えている企業担当者の方も多いのではないでしょうか。

その際にネックとなるのが、現地の言語への各種資料の翻訳です。特に気を付けるべきことが、自社商品販売をする際、商品に添付する取扱説明書です。この翻訳は、ただ単に現地の言葉に翻訳すればいいというわけではなく、専門的な内容で分かり易く説明をする必要があるケースが多くなります。商品の専門性が高くなればなるほどその傾向は強くなります。誤った利用の仕方をされて事故などが起こってしまうことは避けたいものですが、そのためにも分かり易い説明書を作成することが必須の対応といえます。

現地で分かり易い内容の資料を作成するためには、翻訳会社を起用することをお勧めします。翻訳会社とは、現地の言語への翻訳を専門に行なっている業者の事です。会社ごとに扱っている言語が異なりますので、利用の際には自分が翻訳してもらいたい言語を扱っているかどうかという点はもちろんのこと、その言語における専門的な知識がどれくらいあるかを十分に比較しておくべきです。

翻訳会社紹介サイトなどがインターネット上で展開されているので、業者比較の際に大変参考になります。その会社がこれまで行なってきた翻訳の実績などをチェックすることができます。商品添付用取扱説明書の翻訳の場合、自社製品に近い製品に関する説明書の翻訳をこれまで行った経験があるなら、ある程度信頼して委託ができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *