翻訳会社には得意な分野がそれぞれある

翻訳会社といっても、すべての分野に対応できるわけではありません。

確かに一部の大手は人材が豊富なので広く対応できますが、翻訳会社は中小企業も多く、中小企業は大手と比較してそこまで人材が豊富ではありません。そこで、特定の分野に絞っているケースも目立ちます。もちろん、中小だからと言って能力的に劣る人材しかいないということは全くなく、中小でもその分野では大手以上だということも良くあります。例えば専門分野としては、ビジネス翻訳、技術翻訳、医学翻訳などがあります。

ビジネスの場合は報告書や契約書などを、法的な側面からも問題なく、また、もとの意味を崩さずに正確に翻訳することが求められます。技術翻訳の場合は、取扱説明書やマニュアルなど、技術的なことを正確に訳さなければなりません。医学翻訳も、実験報告や医療機器のに関する文書など、知識がなければ翻訳は難しいです。これは専門分野としての一例であり、ほかにももっと様々な専門分野があります。

そして、それに対応できるかどうかは抱えている人材のスキル次第です。翻訳会社がメインとしている分野については、この人材も十分に確保されていて、能力もしっかりとしている結果、目的を達成できるだけの翻訳をしてもらうことが可能になります。翻訳会社もその点はアピール要素となりますので、自社のホームページで宣伝をしています。したがって、選ぶ時にはそこを参考にしてみると、失敗しにくくなるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *