ビジネスに翻訳会社は欠かせません

日本のビジネスの取引国が、英語圏だけでなく次々に広がっています。

中小企業でもアジアやヨーロッパ、アフリカなど様々な国との取引があり、様々な言語の翻訳が必要です。見積書・取扱説明書・プレゼン資料などの翻訳は欠かせないものとなっており、その機会も多々発生しています。この時に最も便利で確実なのが、翻訳会社に依頼することです。翻訳会社を選定するにあたって、いくつか注意する事項がありますので、ここで述べたいと思います。まず、翻訳会社によって得意にする言語と不得手な言語があることです。

対応可能な言語はホームページなどに記載されていますが、たとえ対応可能でも、在籍する翻訳者のレベルによって差があるので、あらかじめ依頼したい言語の実績を調べておきましょう。口コミなどで確認する必要もあります。次に、依頼元の企業と同じ業界に対しての実績も確認する必要があります。電機業界や食品業界など業界別に専門用語が頻繁に使用されますが、対象の業界の知識が薄いと専門用語を間違った意味で翻訳されてしまう場合があるからです。

最後に、一番気になるのはコストですが、何社か見積もりを取った時に安すぎる会社と高すぎる会社は選択しない方が無難です。安すぎる会社は、依頼や実績が少ないため無理に仕事を取りに来ている恐れがあります。あまりに安い場合は翻訳ソフトを使用していたという例もありました。高すぎる見積もりの場合は、依頼された言語が不得意で他社に依頼する場合や断りのための見積もりということも考えられます。以上翻訳会社を選定する時の参考にしてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *