今後の翻訳会社に必要な考え方

最近は人工知能による翻訳ツールが登場した事によって、翻訳会社の仕事は激減したといってもいいでしょう。

少なくとも日常会話レベルの翻訳という事については仕事は無くなったと考えられます。何しろ今の翻訳ツールはモバイル端末を持っていれば無料で使用出来る上に高性能でリアルタイムでの翻訳が可能で利便性という意味では通訳以上のものがあるといって良いものが出来ています。そうなれば当然翻訳会社としては、業務の方向性を専門分野に絞らざるを得ないという事になります。

翻訳ツールでは出来ない分野に特化していくしかないという事がこれからの方向性として考えられる事になると言えるでしょう。専門分野に進出するという事は、いかに翻訳ツールが有能でもなかなか出来る事ではありません。というのは、今登場している翻訳ツールは検索エンジンの会社が制作していて、膨大なデータがある物でなければできないということがあるので、専門分野のようなデータが少ないという事は、そのまま翻訳ツールに反映することが出来るねという事になるという事です。

ですから、これからは翻訳会社はこうした専門的なところで勝負をしていく事が必要になるという事でしょう。後は正式な書類作成などの書類作成で稼いでいくという事を考えた方がいいでしょう。これは翻訳というよりは、書式という事も必要になりますから、それまでの知識や経験が無ければ出来ないという事になり、翻訳会社の得意分野という事がいえるのかもしれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *