翻訳は原稿に合う翻訳会社を選びましょう

普段は会社の中で英語が得意な社員などに翻訳の依頼するケースは多いのではないでしょうか。

ある程度まとまった量の翻訳が必要になった時、英語が得意な社員は自分の仕事を持っているため、協力出来ないこともあります。こんな時には翻訳会社を選んで発注を行えば、電子データの状態で納品して貰うことが出来ます。但し、翻訳会社を選ぶ時には原稿の内容についての把握が出来る会社を選ぶ必要があります。例えば、法律に関する内容になっているものは、法律に精通している翻訳会社を選ぶことが大切です。

日本語から英語などの文章を作成する場合、英語力を持つ人でも法律に詳しい人が行うのと、詳しくない人が行うのでは完成した文章には品質の差と言うものが生じることになります。技術文書などの場合も、専門用語が多数出現することも多く、用語の意味を理解出来ない場合、意味合いが通じにくいものになることも少なくありません。

過去の事例の中で、これから依頼する文章を得意としている翻訳会社であるのかをチェックすることが、翻訳を依頼する時の基本になります。特に、原稿の内容が法律を初め、電気や機械、医療などに関連するものなどの場合は注意しなければなりません。ちなみに、原稿はファックスなどで送付しても電子データで納品して貰えるケースが多いのですが、納品形態についても事前に確認をしておくと安心ですし、HTMLなどの場合も直接コーディングまで依頼が出来ると便利です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *