翻訳会社はコーディネーターによる品質チェックも必要

マニュアル翻訳を専門に行う翻訳会社が多くあります。

マニュアルには電化製品などの取り扱い説明書もありますし、自動車やオートバイ、モーターボートやマリンジェットなどの乗り物類の操作説明書もあり様々です。乗り物類のマニュアルなどの場合は、人的被害を与える可能性が高いなどからも専門性を問われる分野に含まれますが、電化製品などの場合も間違った使い方をすれば故障や事故などに繋がる可能性が高くなります。

こうした翻訳は原文を正しく英語やフランス語に置き換えることがポイントで、経験を数多く持つ翻訳会社に依頼するのがお勧めです。また、マニュアルの中には数百ページもの翻訳が必要になるものも少なくありません。例えば300ページの取り扱い説明書の翻訳を2週間で完成させなければならない、短期間で完成が必要になることも少なくありません。300ページの翻訳は1人ではなく、数名で行うのが翻訳会社の特徴ですが、数名で行うと文言の使い方などが翻訳者毎に異なるため、全体のバランスが悪くなる品質が低下することになります。

数名で翻訳を行う分担作業は、言い回しがそれぞれ異なるなどからも、最後に文言や言い回しを統一するための作業が必要で、これを行うことで1冊のマニュアルの品質を向上させることが出来るようになるわけです。ページモノなどと言われているページ数の多い案件でも、最後に取りまとめることが出来るコーディネーターがいる翻訳会社を使えば、品質を維持した形で短期納入も可能になって来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *