翻訳会社は実績で選びましょう

英語や中国語、フランス語やドイツ語などビジネスを行う上で翻訳は重要なファクターです。

海外のお客様の問い合わせなどもインターネットの発達で瞬時に入ってきますし、それに対する回答も迅速に返さなければなりません。しかし、翻訳ができる人材は限られているのが日本の現状です。翻訳ができないために、ビジネスのチャンスを潰すわけにはいかないし、クレームの対応だったら尚の事重要になります。その為、翻訳会社を利用するのが便利で、有効な手段となります。

しかし、翻訳会社を選定するポイントを把握して依頼する必要があります。まず、翻訳の見積もりですが、見積が安すぎたり、見積もり納期が遅い場合には注意が必要です。安過ぎる場合は翻訳ソフトを使用していたり、有能な翻訳者がいない場合があります。インターネットでクラウドワーカーに翻訳の依頼をしているなどのことも見受けられます。

見積が遅い場合は、下請けに出している可能性もありますし、見積が高すぎる時は、依頼の言語に対しての実績が無い場合や柔らかな断りの場合もあるので、市場価格に見合った見積もりの会社を選定しましょう。翻訳会社によって、得て不得手の言語があるので、依頼する言語に対しての実績をよく確認しましょう。

又、自分の会社と同じ業界に対する実績確認も必要です。業界用語など特殊なビジネス用語が使われている場合があり、同じ業界に実績のある翻訳者を選ぶことがベターです。又、実績のある翻訳会社であれば継続して利用したほうが、こちらの会社に対する理解が深まり正確で素早い翻訳対応をしてもらえます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *