翻訳会社を利用する際のおおまかな流れ

今回の記事は、とくに初めて翻訳会社の利用を使用とされている方を想定し、実際に完成品が納品されるまでの流れをできるだけわかりやすくご説明したいと思います。

翻訳会社に限ったことではありませんが、初期の段階である程度の確認をしておきたいのが、翻訳にかかる費用です。費用に関しては翻訳会社ごとに独自の設定がされていますので、担当者さんに確認するのが一番です。公式サイトにもニーズ別のプランを掲載していることはありますが、きちんとした費用を確認するためにも正式な見積書は必ずとるようにしてください。

(料金に関しては、オプション扱いのサービスがあり、初期の提示価格より割高になってしまうケースも想定されますので、少しでも疑問点がある時には遠慮なく担当者さんに確認するようにしましょう)見積もりを受け取った後には発注をすることになります。この際にも支払い条件は再度確認しておくほうが無難です。実際の翻訳はプロの翻訳者によって行われ、その後ネイティブによるチェック、構成者のチェックを経て納品されることになります。

納期は原文の難易度やボリュームによっても異なるのが一般的です。意外と見落とされがちなのですが、納品後のフォローも重要なポイントです。納品後の変更なども十分に考えられるところですので、アフターフォローの充実度は、翻訳会社を選ぶ際にはこだわりたいところです。ちなみに、質問などはメールだけではなく電話でのホットラインを用意されているところをおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *