テープ起こしから翻訳まで一貫して受ける翻訳会社

テープ起こしと呼ぶ作業をご存知でしょうか。

テープ起こしはカセットテープなどに記録が行われている音声をデータ化する仕事です。最近は、カセットテープよりもICレコーダーやビデオなどに記録が行われている音声をテープ起こしするケースが増えていますが、音声には余計な言葉も含まれているため、ケバ取りを行って必要な音声だけを正確にデータ化することが求められます。記録してある音声が日本語であれば、日本人は対応が可能になりますが、英語やドイツ語などのテープ起こしは語学のスキルが求められます。

同時に音声を聞いてデータ化するためには、タイプスキルも必要です。早く入力が出来るのに越したことはありませんが、タイプミスを起こさないなどが求められる仕事です。翻訳会社の中にはテープ起こしを可能にしている会社が多いのは音声が日本語だけでなく、データ化する時に日本語を聞いて英語に訳すなどの仕事があるからです。

ちなみに、翻訳会社には世界中に翻訳スタッフを持つ翻訳会社もあるので、あまり聞かないような言語の対応を可能にしているケースも少なくありませんし、単に翻訳者がデータ化するだけでなく、ネイティブスピーカーによる校正も可能にするのでデータ化した文章の品質を向上出来るメリットもあります。データ化した後は、ネットの中で使用が行われるケースもあれば、書籍などに使われるケース、仕様書などの場合は企業内で使用する技術情報として活用が行われるなど様々です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *