翻訳会社の仕事と現状

翻訳会社とは単語や文章を他の言語に翻訳する仕事を請け負う会社全般のことをいいます。

翻訳の他に編集や文章の校正、リライトなどを行っている会社もあります。翻訳会社というとそこに勤めている人がクライアントから頼まれた翻訳の仕事をしているイメージがありますが、それは昔の話で最近は翻訳会社がフリーランスの翻訳者に委託する形式をとっているところが多いです。インターネットで簡単に仕事のできる時代になり、フリーランスで働く翻訳者が増えてきたのも理由のひとつです。ネット上で翻訳会社が実施しているトライアルを受け、合格すれば翻訳者として仕事をすることができます。

特に資格を持っていなくても語学が堪能であれば誰でも翻訳することができます。一方、翻訳会社は質の高い翻訳を提供することで会社の信用を得ています。翻訳者のスキルを上げるためのセミナーを開催している会社もあります。しかし、翻訳者の扱う言語がそれぞれ違うため語学についてのスキルを上げるというより、文章の構成力や簡易的なテクニックを教えることしかできません。

専門性の高い仕事なので翻訳者自らが進んで勉強し、語学のスキルを上げていくことが大切なのです。翻訳を得意とする会社はたくさんあります。これから会社の信用や知名度をさらに上げていくにはクライアントの要望に沿った翻訳ができるかどうか、納期や品質などの納得のいくサービスができるかどうか、クライアントに対する対応の仕方など様々な面から分析して問題点を見つけ出し、解決していくことが今後の課題でもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *