翻訳会社を選ぶ時に注意したいこと

海外で発行された書籍を読むためには翻訳が必要です。

高度なスキルを持つ翻訳者が日々翻訳してくれているおかげで、海外の優れた作品を難なく読むことができています。このような翻訳を専門的に行っているのが翻訳会社です。個人の翻訳者ではなく会社に在籍する翻訳者なので、採用試験をクリアしていて一定の能力が認められているため、安心して利用できます。翻訳会社では英日翻訳や日英翻訳はもちろんのこと、ドイツ語やフランス語、中国語、韓国語などの翻訳も可能な会社もあります。

多言語の翻訳ができる会社は柔軟に対応してくれるので優れた翻訳会社だと言えます。翻訳会社はネットで探す場合がほとんどであり、いくつかの会社に見積りを依頼してから検討されることが多いです。ここで注意したいのは、納期とアフターフォローについてです。納期は短い方が良いのは言うまでもありませんが、極端に短いところは要注意です。1日にこなせる翻訳のスピードは、1日に約1500文字~2500文字と言われています。これを上回る場合は作業を何人かで分担している可能性があり、部分的に違和感のある仕上がりになることもあります。

費用を抑えることができても、品質が良くなければ結果的に損をします。そしてアフターフォローは重要で、翻訳後の問い合わせに応じてもらえないこともあります。いくら待っても回答が得られない場合や別途料金を請求してくるところも実際にあるので、注意した方が良いです。このようなトラブルを回避するためにも、口コミを確認するのは大切なことです。また、ランキングサイトも便利です。おすすめの翻訳会社がピックアップされているので閲覧しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *