正確さと品質が求められる文書の翻訳は翻訳会社に

海外に提携先やクライアントをもつ企業のビジネス展開には重要文書の多国語翻訳は必須、また医薬などの研究においても、日本語は基準になっていないため論文・学術翻訳が必要になるのです。

翻訳会社はさまざまなジャンルの専門知識をもつプロフェッショナルな翻訳者が所属しており、正確で高品質な翻訳を提供しています。契約書やマニュアル、個人や企業が海外で特許を取得する際に必要になる特許明細などの産業翻訳、医学や薬学などの医薬翻訳。

銀行や証券会社、保険など翻訳の品質とスピードが求められる金融翻訳など、さまざまなニーズに幅広く対応しています。翻訳会社は得意とする専門ジャンルや対応している言語の数にも違いがあり、1文字あたりの料金、最低注文料金(ミニマムチャージ)、スピード翻訳プランなどの独自サービスもあります。

ニーズに合ったプランがあることや料金がリーズナブルな点も大切ですが最も重要なのは、安心して依頼できる翻訳品質を維持しているのかでしょう。翻訳を担当するスタッフの質と人数も大切ですが、翻訳行程も重要なポイント。

依頼者と翻訳者の窓口となるコーディネーターの対応、翻訳者との連携は成果物の仕上がりに影響します。納品前の検品方法も、専門チェックツールの使用や第三者によるチェック、ネイティブチェックなど、しっかりチェックする体制かを確認する必要があるのです。

信頼できる翻訳会社かを見極めるとき、最も参考になるのが取り引き実績です。ホームページなどに掲載されているクライアントに有名企業が複数あり、幅広い業種の企業と取り引きがある翻訳会社は高い水準の翻訳とサービスが期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *