大切なビジネス文書は翻訳会社への依頼が安心

ビジネスシーンでの海外のクライアントとの取り引きや、学会や医療の研究現場では日本語が基準になっている分野は無いため、必要になるのが高品質でネイティブレベルの翻訳です。

翻訳会社は間違いが許されない重要な文書の多言語翻訳を、専門知識をもつプロの翻訳者が担当。専門チェックツールの使用や第三者の検品による品質管理、そして工程管理を実施することで、スピードが求められるケースや大量のボリュームがある翻訳も、高い水準のクォリティを維持しています。

翻訳会社は1文字あたりのコストパフォーマンス、選べるプラン、得意とする分野、対応している言語やサービスの質も異なります。料金の低さだけで安易に選んでしまうと、翻訳のクォリティが低く手直しが必要になったり、別の会社に再び依頼するなど、時間やコストが無駄になってしまうケースもあるのです。

安心して依頼できる翻訳会社か知るためには、事前のチェックが大切です。最もシンプルな判断材料が取り引き実績、ホームページ上に明記されており、通常であれば継続して仕事を受けたリピーターが掲載されています。

広く名前が知られている大手企業や、幅広い業種の会社との取り引きがある翻訳会社は、高品質の満足できるサービスが期待できます。依頼してから納品までのスピードも、翻訳サービスを提供する体制が安定しているかの判断基準になります。

限られた時間で品質が高いサービスを提供するには翻訳を担当するスタッフの人数と質、そして依頼者と翻訳者の窓口となる、担当コーディネーターのしっかりした連携が求められるのです。

翻訳会社によっては、案件と担当した翻訳者、顧客情報を一元管理するシステムが導入されており、案件に必要な専門性をもった翻訳者を適切にすばやくマッチングできるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *