安定したクォリティの翻訳会社を選ぶには

海外に提携先やクライアントを持つグローバル企業の契約書やマニュアルの作成、医学、薬学に関する文書、著作物などの知的財産や外国での特許の取得のための文書など、ビジネスにおいて各国語に向けに失敗が許されない翻訳が必要になるシーンは増えています。

翻訳会社は各ジャンルの専門スタッフが翻訳を担当、品質管理やクォリティを維持するための工程管理が実施されています。専門性と正確さが求められる翻訳、大量のボリュームとスピードが求められる翻訳も一定の水準以上の品質が確保されているのです。

翻訳会社を利用するとき抑えておきたいポイントは、「クォリティ」と「スピード」、そして「コスパ」です。翻訳会社のサービスのクォリティが信頼できるものか、確かめるチェックポイントはまずは取引実績、幅広い業種に実績があるか、大手企業との取り引きがあるかが目安になります。

専用ツールの使用や第三者によるチェックなど、チェック体制がしっかりしているのか、専門性が求められる翻訳のクォリティは翻訳者の質も重要になります。「スピード」は納品時間、翻訳を担当するスタッフの人数からチェック、納品時間の目安が3時間以内というスピーディな業者も。「コスパ」は1文字あたりの料金、最低注文料金(ミニマムチャージ)の有無。

選べるプランがあり個人が利用しやすいかなど、ニーズに合ったプランがあるかもポイントになります。翻訳会社は得意の専門分野や言語カバー率など、特徴はさまざまです。翻訳行程も会社によって異なり、電話やメールを担当するスタッフの対応、翻訳者との連携も翻訳の成果に大きく影響します。

デリケートな文書は、依頼後に急な変更が発生するケースもあるのです。そのような場合は、翻訳者とスタッフの連携体制が機能していないと対応できない可能性もあるのです。追加料金の発生なども、依頼の規定を事前に確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *