翻訳会社も選択が迫られている

今の翻訳会社も選択が迫られているといっても良いかもしれません。

これまでのように仕事はどこに行ってもあるという時代ではなくなったのが、翻訳会社の業界です。これをもたらしたのは自動翻訳ツールの登場で、これまでの翻訳ソフトとは比較にならない実用的なモノが今は検索会社から提供されるようになったのがこの大きな変化をもたらしました。何しろこの自動翻訳ツールは無料でモバイル端末上でリアルタイムでの翻訳が可能となっていて、音声入力も音声出力も出来るという優れものです。

いわば通訳を一人持ち歩いているような状態ですから、これによって、これまで翻訳会社がしていた仕事のほとんどが取って代わられることになったといってもいいでしょう。既に日常会話レベルではこのツールの方が精度も良くなっているという噂もあります。何しろ知らない言葉でもその場で検索して理解できるようになるわけですから、まさに鬼に金棒です。

となれば翻訳会社は専門的な分野で勝負をするのか、契約や書類作成などの書式の分野で勝負をするのかという事になってきます。日常会話レベルではもう業務として出来ることはほとんどありませんから、後はビジネスの現場で仕事をしていく事を考えるしかありません。これまでは翻訳というと特殊能力のように考えられてきたのですが、別に今ではそんなに特殊能力でもなく、コンピュータに任せればそれで事足りるという事になっているので、こうした激変が起きているわけです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *