翻訳会社の正しい選び方

日本には多くの翻訳会社がありますので、案件に応じて適切な翻訳会社を選んだほうがいいでしょう。

そこで今回は、正しい翻訳会社の選び方をご紹介します。まず、大切なことは翻訳会社にはどんな翻訳家がいるのかを確認することです。翻訳スタッフには得意分野と不得意分野があります。あなたが翻訳をしたい案件が得意な人に依頼するべきなのは言うまでもありません。たとえば、論文を日本語に翻訳してほしいときには、論文が得意な翻訳会社に依頼するのです。また、ジャンルも重要な要素となります。

教育関連の論文を翻訳希望する場合には、教育系の知見をたくさんもっている会社に頼むのがベストです。英語がわかっていればどんな会社でもいいと考えがちですが、直訳になってしまうことがあります。そうではなく自然な日本語で読みやすく翻訳するには、背景となる知識をどれだけ持っているのかも大切だということを忘れないようにしましょう。もうひとつのポイントは、翻訳料金です。

最近では多数のサービスが登場しているので価格競争が激しくなっています。まずは、複数のサービスの料金を比べることから始めていきましょう。料金とどんな内容の翻訳をしてほしいのかが会社選びのポイントとなります。あてずっぽうでどの会社でもいいと考えると、失敗する確率が高くなってしまいます。そのようなことのないように注意しながら、適切なサービスに対して翻訳案件の依頼をしていきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です