ビジネスユースの翻訳と翻訳会社の選び方のポイント

ビジネスの中では翻訳が必要になるシーンが多くあります。

特に、電化製品を製造販売しているメーカーでは製品の取り扱い説明書を作成する、ユーザーに分かりやすい文書を提供するなどが求められ、海外に輸出する製品にも分かりやすい取り扱い説明書を提供しなければなりません。翻訳会社の中には技術翻訳を可能にしている会社もあるので、こうした翻訳会社に取り扱い説明書の仕事を発注するケースが多いのです。

また、会社のホームページを英文化し、海外の顧客にもアピールしたい時にも翻訳会社の力が必要になるケースも少なくありません。ホームページの翻訳は、訳文だけをお願いする方法もありますが、HTMLをそのまま提供して訳文を作ると同時にHTMLのコーディングまで依頼が出来るケースが多く、表組などが崩れる事なく仕上げて貰えるメリットを持ちます。ソフトウェアの中でも日本語を英語やドイツ語に変更するケースがあります。

普段利用しているソフトウェアにはツールメニューや警告を表示するダイヤログなどがあるわけですが、翻訳会社にソフトウェアの翻訳を依頼する場合には、プログラムを提供するのではなく、ソフトウェア内で使用するユーザーインターフェースやエラーダイヤログ、操作中に表示が行われるスクリーンショットを撮影し、それを翻訳会社に提供する事で、必要な言語に翻訳して貰う事が可能です。他にも、議事録やセミナーの資料など必要に応じて翻訳の依頼が出来るようになっています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です