翻訳会社は信頼と実績がある業者を

ビジネスのグローバル化が進み、国際的には日本語が基準となる分野はほとんどなく、契約書や企画書、論文などの日本語から外国語への翻訳の需要が高まっています。

自らが翻訳するという選択もありますが、本来の業務や執筆時間を削るより、信頼がおける翻訳会社に依頼すれば貴重な時間も無駄になりません。翻訳会社によって特徴と得意なジャンルがあり、ニーズに合わせた様々なプランが用意されています。翻訳会社を選びは「翻訳のクオリティ」と「コストパフォーマンス」、そして「納品スピード」がポイントです。「翻訳のクオリティ」は取引実績、チェック体制、翻訳者の質からチェックします。

誰もが知る大手企業との取り引きが豊富か、取引先の業種が多彩かも参考になります。業者のサイトで明言されているチェック体制、翻訳者の質や専門分野などを確認しましょう。「コストパフォーマンス」は1文字あたりの料金、そして最低注文料金(ミニマムチャージ)があるか。少量のオーダーができれば個人でも気軽に利用できます。また選べるプランが豊富にあるか、自分のニーズに合ったプランが選べるかも重要です。

「納品スピード」は、依頼してから納品までの速さと翻訳スタッフの数、サービスの提供する体制が整えられているか、品質への取り組みもチェックしておきましょう。翻訳会社によって、得意とする分野や取り扱う言語の数も異なります。専門性が求められる分野は専門家が翻訳作業にあたるかを確認することも大切。またその言語を母国語とする人が違和感なく読める翻訳に仕上がっているか確認するネイティブチェックをして納品されるのか、別料金になっている業者もあるので確認しておきましょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です