翻訳会社を選ぶ時のポイントについて

翻訳会社に仕事を依頼する場合、翻訳料金を比較する人は多いと言えましょう。

料金には日本語1文字もしくは英語1ワード当たりの単価で料金を定めている会社とA4サイズ1ページ当たりの料金にしている会社のいずれかになります。数行程度の短い翻訳の場合、A4サイズで換算した時には料金が割高になりますが、1文字や1ワード単位で料金設定を行っている翻訳会社を選べば少ない費用で依頼が出来るケースもあるなど、文章量に応じて使い分けする方法もあるわけです。但し、依頼する時には既に翻訳が行われている文章を添付するなどが重要です。

例えば、既に日本語から英語に置き換えた文章がある、その文章の一部を訳す必要がある時には、同じように訳して貰う必要があるなどからも、添付が必要になるわけです。これは翻訳会社に関係なく、同じ文言や単語の使い回しなど文章の品質を維持する目的で必要です。また、翻訳会社にはそれぞれ得意な専門分野や得意言語があります。専門分野には電気や機械、法律や医療などのような専門知識を必要とする翻訳者がいる、言語においてもネイティブスピーカーがそれぞれの言語に対して対応して貰えるなどです。

日本語から英語、日本語からドイツ語やフランス語などのように一般的な言語を対応可能にしている翻訳会社は多くあっても、それぞれの言語に対して専門分野の翻訳が出来るなど、会社を選ぶ時には言語だけでなく、どのような専門分野を得意としているのかを調べておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *