翻訳会社のコーディネーターの役割とは

翻訳会社には普通の会社と同じように事務職や営業職などの専門職の社員を初め、コーディネーターや翻訳者などのスタッフが働いています。

コーディネーターや翻訳者は翻訳会社の中では中心的な存在ではありますが、翻訳会社の中には翻訳業務を行うスタッフが数名のみで、他はコーディネーターだけで構成が行われている所も少なくありません。コーディネーターは外部スタッフの管理や入稿が行われた原稿のチェック、完成した文章の内容チェックなど行います。外部スタッフはフリーの翻訳者や別の翻訳会社など様々ではありますが、外部スタッフの中には異国で仕事を行っているケースも少なくありません。

メールなどを利用すれば日本に住んでいないスタッフも利用が出来るわけです。外部スタッフは翻訳の技術だけでなく、コンピューターや電気などのように専門知識を持つ人、技術翻訳を可能にするなどからも、こうしたスタッフを使い業務を行っています。コーディネーターは入稿が行われた原稿の内容をチェックし、外部スタッフの中での適任者を見つける、適任者のスケジュールを確認した上で仕事の発注を行います。

また、原文となる原稿に後から修正が加えられた時には、修正個所の指示を外部スタッフに行う事になります。ちなみに、翻訳会社の中には数名ほどのスタッフで構成が行われている会社もありますが、こうした会社の中で多国語翻訳が出来る、幅広い技術翻訳が可能になっている理由は外部スタッフとコーディネーターが充実しているからではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *