翻訳会社の業態が大きく変わってきている

最近は翻訳会社の業務の形態が大きく変わってきているといってもいいかもしれません。

この変化をもたらしたのは人工知能とネットです。人工知能によってほとんどの言葉は自動的に翻訳が出来るまでになりました。日常会話レベルではまず自動の翻訳機能で対応できるようになったといってもいいでしょう。そして、ネットの普及によってこれをアプリなどで誰もがいつでも利用することが出来るようになりました。

そのため翻訳機能を日常的に使うことが出来るようになったわけです。これは当然翻訳会社の仕事が変わることを意味しています。日常会話レベルは自動翻訳に任せてより専門性の高い仕事を翻訳会社がするようになってきたのが今の状況ということになるのかもしれません。いかに翻訳機能が良くなっても専門的な言葉を理解することはまだまだ出来ません。専門性が高いということは、それだけ非日常的な言葉ということになりますから、人工知能では翻訳出来ないわけです。

これからは翻訳会社はより専門性を強めていくことになると予想されます。これは日常会話レベルは自動翻訳が既にシェアを獲得してきているので、まずここでは人は勝つことは出来ないでしょう。となれば人工知能が関与できないところで勝負をするしかありません。人工知能は経験によって技術を上げているので経験を積むことが出来ない分野、つまり専門的な分野については翻訳は出来ないことになります。そのためここを翻訳会社が担うことになりそうです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *